オンラインカジノ

ベラジョンの失敗談 ベッド金額を上げると外れるルーレット

目安時間 3分
  • コピーしました

私は、ベラジョンのルーレットゲームで大損をしてしまったことがあります…。

ある日、バカラで大勝した分を元手に、モンテカルロ法を使ってルーレットにチャレンジしてみることにしました。

バカラはライブバカラでプレイしていたので、ルーレットは待つ時間が惜しく、ビデオルーレットを選択。
あまりルーレットには手を付けたことがなかったので、最初は様子見で少額ベッドにしました。

運が良かったのか、ちょことちょこと当たってキャッシュが増えてきたので、思い切ってベッドを引き上げてみると、なんだか勝率が悪くなった気がします…。

少しづつキャッシュが減っていたので、ベッドを下げてみて、再度ルーレットにチャレンジです。
そうすると、ベッドを引き上げていた時よりも勝率が良くなっています…。
偶然かもしれない、と思い、何度かベッドを上げ下げしてトライしましたが、やはり高額ベッドだと勝率が悪くなっています…。

 

その日、運悪く偶然にそのような結果が出たのかもしれませんが、キャッシュも少なくなってきてしまい、だんだんとイラついてきてしまいました。

そこからは高額ベッドで勝負に出てしまい、あれよあれよという間にキャッシュがなくなってしまいました。

 

熱くなってしまって、キャッシュを追加しましたが、あっという間に飲まれてしまい、悲しい思いでパソコンを閉じました…。

 

ライブルーレットの方がベッドの高さに応じて勝率が変わるということが無いように感じるので、ライブで出来るものがあれば、ライブで遊ぶことをお勧めします。

また、今回の敗因は、熱くなってしまってモンテカルロ法を忘れて適当な博打をしてしまったことだと思います。
冷静にベッド額を考えながら、かけるところでかけて、引くところで引くことが大切だと思います。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

コメント